信用と信頼について

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

奥さんには内緒ですが、女性から手紙をもらっちゃいました「とどろき」です。


先週末、事務所で契約があったんですが、

来ていただいたご夫婦の娘さん(5才)から

その場で手紙をいただきました!


ってか、

最近は小学校前でも字が書けるんですね?!


ってか、

めっちゃ可愛いです!


手紙の内容は内緒って言われたので書きませんが、

娘が欲しくなっちゃいました☆


106.jpg
これはこれで可愛いんですが・・・。


今日は日本語って面白いなぁってことを

ちょいと書いていきます。


人によって使い分けをしていない方もいらっしゃるでしょうし、

大した内容じゃないんですが、

個人的に日本語の表現にはこだわっています。


例えば、

「信用」「信頼」


goo辞書で検索してみましたが、

信用・・・
それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。

信頼・・・
信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。類語「信用」


どちらも同じような意味合いで表現されていますが、

個人的な使い分けとしては

信用≪信頼

って感じで使っています。


というのも

「信用・・・信じて用いる。」
逆に書けば、用いることが出来るぐらい信じているってことで、
これはこれで素晴らしいことです。

その上で、

「信頼・・・信じて頼る。」
利用するよりも、頼れるって方が上な気がします。



個人的な使い分けとしては、

例えば、出会ったばかりのリフォーム業者さんは

失礼ながら信用もしていませんが、

いくつか工事を重ねて、トラブルも無くお客様の満足度が高ければ、

信用をして、

さらに色んな相談に乗っていただけるようになって

信頼をしていくものだと思います。


こういった信頼できる業者さんの輪を広げながら、

お客様からは、まず信用をされ、信頼につながるような仕事をしていきたいと思います。



ちなみに会社員の時は

上司から「信頼している」って言われるのは好きでしたが、

「期待している」って言われるのは苦手でした。


というのも、

私の仕事である不動産仲介の場合、

お客様の条件に合う物件が無いのであれば、

当然売り上げは上がらないモノだと思っているんですが、

この場合の期待は

「売り上げ」を期待されているケースがほとんどで、

個人的には「お客様に合わない物件しかない場合でも、売り上げのために売り込め」って聞こえて嫌だったんです。











えぇ、頑固でひねくれ者って言われます・・・orz

素直に聞けば良いんでしょうが、

なんか嫌なものは嫌なんですよね。


あ、お客様から期待されるのは大好きです!
 どM なので

その期待に応えることが出来た時の満足感のために

仕事しているって言えるぐらいですね。


と、自分でハードルを上げて、

今日も一日頑張ります☆
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR