民事信託って知ってます?

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

先日宅建協会のセミナーに行ってきました、「とどろき」です。


ありがたいことに宅建協会にて

定期的に色んな勉強会があっています。


なかなか自身で新しい勉強を開始することが少ないので、

出来る限りは参加して

色んな知識を身に着けたいと思います。


写真 2015-03-19 19 58 05
出窓のここがお気に入りです☆


参加したセミナーは民事信託についての内容です。


民事信託とは簡単に書くと

自身(A)の所有しているモノ(不動産・金品等)を

Bさんにあげるけど、

タダであげるのではなく、

その分、Aがお願いした形で、

Aの指定するCに何かしらの責任を持ってもらう契約のことです。



具体例として、

私がアパートを持っているとして

私の奥さんはアパートの管理は出来ないとします。


その上で「私は死んだ後にうちの奥さんの生活が心配だから、

私の兄弟にアパートの所有権を渡すから、

そこから入る収益を私の奥さんにあげるようにしてね。」ってことを

私と奥さんと兄弟間で信託契約を結んでおけば、


私は安心して逝くことが出来ますよね。


一般的な信託というイメージは

自身のお金を信託銀行等に預けて、

銀行にて運用してもらい、

運用益を自身に返してもらうという形だと思います。


これは商事信託と呼ばれるもので、

世の中で信託といえば、

基本的に商事信託を指すんじゃないでしょうか。


その上で、

民事信託が面白かったのは、

自身の想いを形にして残すことが出来るってのは

良いなぁと思います。


遺言と合わせて民事信託の段取りまでしていると

安心して逝けます。


良くあるケースでは、

障害を持った子供がいた場合には、

その子に相続する分の財産を他の兄弟にあげ、

その分だけ障害を持った子供の生活費を見てもらうような信託契約も出来ます。


まぁ、

民事信託の問題点は

遺言よりも知られていなくて、

ややこしいイメージがあるってことだと思います。


私自身、

今日のブログを書きながら、

さわりのさわりってぐらいの部分しか書けていません。


民事信託は

相続の話を書く中で、

本当に面白い制度なので、

このカテゴリの中で、

少しずつ掘り下げようと思います。
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR