良い物件を買うには。_3

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

落語楽しみです、「とどろき」です。


来月の2週目、

長崎大学の落語研究会の寄席があるので、

行ってこようと思います♪


DSC02423_1.jpg
落語していた時の手拭いです☆


前回は具体的な中古戸建の見方を書きましたので、

今日はマンションの見方を書きます。


・窓を開けてみる。
→日当たりの確認・音の確認、
見晴らしの確認をしましょう。


・電灯の点灯・消灯。
→電灯がついていたら、消してみて明るさの確認。
同じく消えていたら、つけてみて明るさの確認です。


・建具の開け閉めをしてみる。
→めったに無いですが、天井側の壁が下がっていることなんかがあります。
念のために、確認しましょう。


・床の軋み・たわみ。
→戸建に比べて問題無いことが多いですが、
大股で歩かずに、少しずつ歩いてみましょう。


・家が汚くなければ、出来ればスリッパを履かずに歩いてみる。
→スリッパを履くと足裏の感覚が鈍ります。


・マンション自体の玄関周り・ゴミ捨て場の確認
→マンションは管理状態が大切です。


・自転車置き場の確認。
→駐車場は一戸一台であっても、自転車はそうじゃないことが多いので、
十分にあるか、整然と並んでいるかを見ておきましょう。


・掲示板の確認・エレベーター内の掲示物の確認
→「共同住宅なので、音は気を付けましょう。」って張り紙は
どのマンションでも貼っていますので気にしなくて良いですが、
マンション内に問題のある住人が居る場合、
色んな注意文が貼ってあることがあります。
このポイントは見逃しがちですが、要チェックです!


・居住中の場合、物件の悪口はその場では言わない。
→当たり前~。



戸建の比べて部屋自体で要注意のポイントは少ないですが、

自身でどうしようもないマンションそのものの管理状態等を

きちんと見ておきましょう!


リノベしたいって時は、

建物の本体部分であるコンクリート部分が抜けないので、

梁の位置や抜きたい壁が抜けるかの確認、

水回りが移設できるかって確認した方が良いですが、

基本的にはリフォームのプロと一緒に見てもらった方が良いかと

思います。


このシリーズは、

具体的な見方として後一回、

土地の見方を書いて、

その後、不動産業者さんに対する対応なんかを

書いて行きますね。
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR