結婚観の変化。。。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

明日まで年末年始の話書こうかな、「とどろき」です。


という訳で今日も

年末年始で色々と話をしてた内容を書かせていただきます☆


004_20160106124039abc.jpg
こんなに小さかったのに・・・


年末に結婚観に関して友人と話をしてた時に、

「あっ、自分自身の結婚観が、だいぶ変化してきているなぁ」と思ったので

忘れないうちに記録がてら書いておきます。


どんな変化があってきているかというと

10代の頃は

ドラマなんかで頑固親父が結婚に反対していると

「許してやれよ~。」と思っていましたが、

20代の後半には

「頑固親父がんばれ!そんな反対程度で諦める奴には娘はやらん!」と

娘も居ないのに親父側にきちゃってます。


また、

結婚の許しを得るために

先方の両親に挨拶行く時のイメージですが、

私の中で10代の前半の時は、

何も考えず

「お嬢さんを私に下さい。絶対に幸せにします!」って言おうと

イメージをしていました。


この台詞が考えが変わるにつれて、

三段階で変化しまして、

10代後半の高校生になって

こまっしゃくれた考えを持った時には、

「絶対は無いんだから、絶対というのはふさわしくない。」

上の台詞から「絶対」を抜いて言うべきだと思いました。


それから、

大学でちょっと男女のジェンダー格差を学んで、

上の台詞は相手の女性に失礼だと

「お嬢さんと結婚させて下さい。一緒に幸せになります。」

って言う方がスマートだなと変わりました。


で、

今の考えは、

「お嬢さんと結婚させて下さい。絶対幸せにします。」です。


一周回って、

戻ってきた感じですね☆


世の中に絶対はないとも理解していますし、

実際のところ

結婚の幸せとは一方的に押し付けるモノでは無く、

二人で一緒に幸せになるものだと考えていますが、

今の私が言うこの「絶対幸せにする。」というのは心構えです。


少なくとも相手のご両親に挨拶に行った時に

「絶対幸せにする。」という心構えを持ってないとは、

言語道断だなと思う訳です。



まぁ、

今からまた変わるかもしれませんが、

同じセリフであっても

自分自身の中で

理由と想いが詰まっているかどうかって

大切だよなぁと思った回顧でした。。。
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR