交渉のコツ?

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

ん~、「とどろき」です。


「よく毎日書くことあるね」って言われますが、

書くことはあるんです!


ネタを思いついた時に

手帳の隅に一言書きつけてまして、

ざっと数えてても50以上は貯まってます☆


写真 2017-01-15 20 03 17
最近は顔を埋めてることが多いです☆


そう!


毎日書きたいことはあるんですが、

それを文章化するのが難しいんですよねぇ。


例えば

「交渉 相手のレベルに合わせる」ってメモってあり、

自分が何を書きたいのかってのは分かっているんですが、

相手に伝えるように文章化するってのに

時間がかかります。


ってか、

時間がかかっても書けたらいいんですけども、

場合によっては書いたものの全部消すこともありますし、

文章力ってどうやったら身に付くんでしょうね。。。


あ、

前置きが長くなったので、

今日はあっさりと

「交渉 相手のレベルに合わせる」ってのを書いておきます。


実例をあげて説明するとしまして、

業者間での交渉する時の話です。


企業ってのは利益を上げるのが当然なんですが、

まぁお客様のことを考えてない業者さんって実際に存在するんです。


で、

うちのお客様がそういった業者さんが預かっている物件が欲しいってなった時、
売主様はご愁傷様です。。。

私の仕事スタンスを説明してもどうせ理解されないので、

交渉する時に「私自身もお金優先なんですぅ」って話をします。


そうすると「おたくも悪よのぅ」って感じで仲良くなれるんですね。


こうやって相手に合わせて仲良くなっておくと、

先方は売主に損させてでも

さっさと契約をまとめて売り上げを上げたい訳ですし、

(売主さんには悪いですが、私のお客様は買主さんなんでご勘弁を。)

結構がっちり交渉が通ったりするんです。


こんな業者さんに「うちは汚い仕事はしません!」なんてこと言ってしまうと、

嘘つきって思われますし、

そもそも理解されませんので、

仲良くなれず交渉がきかなかったりするんですね。


という訳でまとめますと

今回の「交渉 レベルを合わせる」で言いたいのは、

あくまで、

どっちが上とか下ではなく、

相手の想像外の話は理解してもらえないので、

相手の想像の範囲内で親近感を感じられるように

合わせるって意味合いです♪


これを意識していると、

交渉する時に色々とやり易くなりますので、

ご参考までにです☆



しかしまぁ、

そんな業者さんと交渉している時の会話を

お客様に話を聞かれてしまうと、

私自身、そうとうあくどい業者だと思われそうです(笑)
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR