部屋と隕石と私。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

なんとなく気になって、「とどろき」です。


そういえば、

隕石が落ちてきて、

自宅が壊れたらどうなるんだろうって気になったので、

調べました(笑)


写真 2017-01-24 13 00 56
布団の中で、脇に寄り添ってます☆


結論から書きますと、

火災保険で直せます!


ちょいと前に書きましたが、

事故・災害の場合は大抵火災保険で壊れた部分を直せるんですけども、

対象じゃない災害ってのもあるんですね。


で、

隕石で家が壊れるって対象なのかってのが、

ふと気になって調べたところ、

基本的にうちのお客様が入っている火災保険であれば、

「隕石」で家が壊れてしまっても、

火災保険で必要額の全額が出るみたいです☆


対象となる保険部分は

「建物外部からの物体の落下、衝突等」の部分に該当するようで、

問題無く出るとのことでした。


更に気になったので、

隕石ってどの程度の確率で落ちるんだろうってのも、

ググってみました。


↓引用↓
------------------------------------------------------------------
米テュレーン大学の地球科学教授スティーブン・A・ネルソン氏は、2014年にこれを試み、論文で発表した。
それによれば、人が一生の間に局地的な隕石、小惑星、彗星の衝突で死亡する確率は「160万分の1」だという。

自動車事故に遭う確率は90分の1、火事に遭う確率は250分の1、竜巻は6万分の1、落雷は13万5000分の1、サメに襲われる確率は800万分の1。米国の宝くじパワーボールに当たる確率にいたっては1億9500万分の1だ。
------------------------------------------------------------------引用終わり


引用元が正しいかどうかは分かりませんが、

正しいとしたら160万分の1って・・・

保険会社の調べでは、飛行機で事故に遭う確率は20万分の1らしいので、

一生の間に隕石に出会う(!?)確率ってのはだいぶ低そうですね。


という訳で、

たぶん人生で使うことは無いだろう、

隕石で家が壊れても火災保険で直せるんだよって話でした・・・.orz
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR