売買契約書の印紙について。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

不動産取引で出てくる印紙について、「とどろき」です。


「昨日の続き」です。


写真 2017-03-13 18 54 01
同じような写真が多いですが、基本別日の写真です☆


不動産取引で「印紙」が出てくるのは、

「契約書」に添付と

「領収証」に添付ぐらいですかね。


という訳で、

売買契約書の印紙についての話と、

領収証の印紙について1つ小ネタを書いておきます☆


まず、

「契約書」への印紙添付は

売買金額によって違いますが、

1万円ぐらいの印紙を貼ることが多いです。


200円の印紙ぐらいだったらコンビニで売っていますが、

1万円の印紙ってのは、

基本郵便局等でないと取扱いして無いですし、

なかなか使う機会もないってことで、

あんまり見る機会がないんじゃないでしょうかね。


ちょいと話が横道にそれましたが、

売買契約を締結する時点で、

売主・買主が契約書に添付しなくちゃいけません。


で、

この貼り方に、

複数パターンがあるんです。


まず大きく分けると、

①売主・買主がそれぞれ契約書原本を保管する場合

②売主・買主のどちらかが原本、どちらかが写しを保管する場合


①のそれぞれ「原本」を保管する場合は、

各自が保管する原本に

それぞれの責任で添付するってのが一般的です。


で、

②の片方「原本」、片方「写し」を保管ってパターンですが、

まずこの場合、写しには印紙を添付しませんので、

そもそも原本のみに印紙を貼る形となります。


そこからさらに印紙負担に関して、

2パターンあるんです。


(壱)どちらかが印紙を全額負担する。ってパターン
         と
(弐)一枚の印紙代を折半するってパターン

です。


こうやって文章で見ると分かりにくいですが、

具体例を書くと、


①の場合は印紙が1万円かかるとして、

売主1万円・買主1万円の計2万円の税負担となるってことで、


②は原本のみ添付なので、

(壱)の場合で、どちらかが1万円の計1万円、

(弐)の場合で、売主5千円・買主5千円の計1万円の負担ってことで、


②の方が税金負担が減るんです。



売主買主が個人の場合は、

原本をそれぞれにお渡しするのが基本なので、

①のやり方がほとんどですが、


売主もしくは買主が不動産業者の場合は、

印紙税を少しでも抑えるために、

②のやり方をすることがあるという話です。


ちなみに②の「壱・弐」の負担割合は、

契約書上の条文で明記して決めるようになってます。



とまぁ、

長い割に興味のない方には、

まったく意味のない記事になってる気がします。。。







しかも、

思ったよりも書こうと思ったことが多く、

もう一回だけ続きますm(_ _)m



一応、

不動産ブログってことで、

売買契約書の印紙税負担について知りたいって

ググられた方の参考になれば幸いです。
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR