謝罪について。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

梅雨明けですね、「とどろき」です。


目の前が公園なんですが、

蝉の声が半端じゃなくて、

窓を開けるとすごい音がします☆


写真 2017-07-06 14 33 44
轟音の中でも、ぐっすりです☆


昨日の記事「謝罪のコツ。。。」の続きですが、

ちょいと前に関連記事も書いてました。
↓↓
「クレームって言葉が嫌いなんです。」


で、

昨日思いついた書きたい話ですが、

たまに

「自分は悪くないのに、お客様が勘違いをされて怒っている」

ってなことを言う事業者の方いますよね。


それは事実だったとしても、

相手(お客様)のせいにしている時点で成長しなくなりますし、

なにより

せっかくご縁があった方が、

不快な思いをされているという点に関しては、

素直に謝罪と反省をすべきじゃないかなぁと思っています。


お客様が勘違されて怒っている場合でも、

すぐに対応し、

「せっかくご縁を頂いたのに、

ご不快な思いをさせてしまいました点

申し訳ありません。」と最初にお伝えし、

その上で、

事情とお客様が勘違いしている点をお伝えすると

それだけで解決することが多いもんです。


もうちょっと補足すると、

本当にお客様が勘違いしているケースで、

何でもかんでも謝ると

お客様もさらに勘違いをされて

怒りが増すことがありますし、

またお客様が勘違いしていると事実だけいうと、

恥をかかせられたと感じられ、

これもまた怒りが増すことがあります。


という訳で、

ファーストステップで

まずは「あなたが立腹されている点を理解しています」というのを

謝罪することで伝え、

セカンドステップで、

「あなたの理解力の問題ではなく、私の伝え方が足りなかった。」と

相手に恥をかかせずに

ファイナルステップで、

勘違いされている事実を伝え、

「次回以降のお客様へはこのように説明します。あなたのおかげで改善点を見つけることが出来ました」と

感謝の気持ちまでお伝えすることが大切かと思いますヽ(´∀`)ノ


ちょっとテクニック的な書き方をしていますが、

実際に、

お客様が勘違いしやすい点を理解し、

次回以降にどのようにお伝えするかを考えておくと、

少しずつでも自分が成長出来ますしね☆


という訳で、

謝罪のコツっていう話でした!







あ、

コツよりも大切なことを書き漏れてました。

それは

逃げない!っていう姿勢でいること。


トラブルが起こった時は、

正直、

私でも胃が痛くなったりしますが、

放置したり、

後回しにすると

余計に大きくなりますからね。


その上で、

どうしても対応したくないというマイナスな気持ちの際、

前向きになる魔法の呪文、

「私自身の成長のため、私自身の成長のため、私自身の成長のため。」と、

3回唱えると、

本当に結構前向きに対応できますので、

おススメです(笑)
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR