『「バカな」と「なるほど」』吉原英樹

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の方は、こんにちは!

カーテンの無い家に住んでみて、 「とどろき」です。


猫のための間取りにした結果、

外からの目線が入らない我が家。


「カーテン要らないなぁ」と買ってないんですけども、

朝日とともに猫が起きるようになっちゃって、

朝ごはんの催促がひどいです。。。


写真 2018-02-27 21 27 04
そろそろ新居の写真を準備せねばです☆


さてさて、

今日のブログは久しぶりに本の紹介。


もちろん、

定期的に本は読んでますが、

最近はわざわざ紹介したい本が少なくてですね。


と、

この流れで紹介させて頂くのは、

吉原英樹さんの『「バカな」と「なるほど」』


経営戦略に関する本ですが、

そもそもすんごい読みやすいですし、

内容がとにかく面白い!!


将来開業したい人、

実際商売を自分でしている人、

かなりおススメです!!


初版は1988年と結構前なんですけども、

2014年に新装版で発刊されてまして、

追記されている部分もありますが、

1988年にこの考えで出版されてたって、

めっちゃすごい感があります☆


新装版の最初に寄稿されている部分で

この本の特徴をまとめられていまして

さらに一部抜粋(私なりにまとめ)させて頂くと


----------------------------------

競争戦略とは「他社と違った良いことをしろ」に尽きる。

他社と同じでは完全競争に近づいてしまい、遅かれ早かれ儲からなくなる。

「違ったこと」は成果(長期利益)を出すうえで「良いこと」でなくてはならない。

ただ、「違ったこと」と「良いこと」は折り合いが悪い。

なぜなら、そんなに「良いこと」だったら、誰かが気付いてやっているはずで、「違い」になりにくい。

また、「良いこと」を始めて儲かりだしたら、マネをされるので「違い」とし続けることは難しい。

なので、

他社が「バカな」と思ってマネをしない戦略で、

でも理由・内容を聞くと「なるほど」となる戦略。


瞬間的に成功するのではなく、

成功し続けるためには、

競合他社が非合理(=バカな)と感じる、

でも実は合理的(=なるほど)という戦略で経営すべきである。

----------------------------------


といった感じの内容で、

具体的な企業例を上げながら、

解説されてて、

めっちゃ面白かったです!


私自身、

一応、

他社との差別化に始まり特別化を目指すために考えた、

私なりに合理的な戦略をとってる(つもりな)んですけども、

今のところ、

まさに他社から見ると「バカな」やり方なはずなんです。


他社さんから「バカなままで終わったね」って言われないよう、
結果を出し続けねばです( ;∀;)



で、

私なりに考えて実行しているものの、

その考え方自体が間違ってなさそうだという確認が出来、

今から開業しようと検討している方なんかは、

「ぜひ一度読んでみては!」と思う、

面白い本でした!!
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR