土地から新築時の取得税について。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の方は、こんにちは!

とりあえず行く予定・・・、 「とどろき」です。


大野城市のプレミアム商品券、

今年は抽選通って買えるんですけど、

混雑を避けるために買いに行ける時間が指定されてまして、

「今日の12時から14時までに買いに来てね」ってなってます。。。


今日の12時から14時って、

ちょうど台風が来てません??


写真 2018-04-08 21 07 35
我ながら色々と持ってる気がします(笑)


さてさて、

今日は取得税の徴収猶予について、

さっくり書いていきます。


↓取得税関連↓
「取得税は忘れた頃にやってくる。」
「取得税は忘れた頃にやってくる。_2」
「不動産取得税のセカンドハウスとは。」

こうやって過去記事見ると意外にまじめに書いてますね(笑)


今日書く「徴収猶予」、

土地を買って新築を建てる場合のお話です。


取得税ってのは、

購入して半年程度で納付書が届くんですけども、

土地から新築を建てる場合、

納付書が届いた時に3つのパターンが考えられます。


①すでに家が建ってて住んでいるパターン

②建築は確定してるけど、家が出来てないパターン

③土地は買ってるけど、まだ家が決まってないパターン


前の記事で書いた通り、

自分が住宅として住む予定の不動産の場合

取得税は手続きさえ行えば減免されます。



で、

パターン①は通常の手続きと変わりません。


通常通りの必要書類さえ持って、

一回手続きに行けば、

今請求されている土地の分が減免されますし、

今回は土地の取得税の請求のはずですが、

今後請求予定の建物分は、

減免された状態で請求自体が届くようになります。


↑ちなみに私はこのパターンです☆


次にパターン②。


②の場合、

さらに二つの方法があります。


a・一旦土地分の取得税は収め、

建物が建ってから、

収めた土地の取得税分を返してくださいと、

還付を受ける方法。


b・建物を建てることが決まっているので、

今回の土地の取得税は払わずに、

延期をさせて欲しいという手続き方法。


ぶっちゃけ手間的には、

どっちも大して変わりません。


単純に

いったん収めて返してもらうのか、

どうせ建てるんだから最初から納めないように手続きするか、

という違いって感じです。


ただ、

個人的に注意すべきだなぁと思うのが、

「a」のいったん収めて返金受ける方法。


取得税って、

一回限りなので、

忘れやすいんですよね。


一応、

土地を買って3年以内に建築をして、

建物が出来てから5年以内だったら、

収めていた土地取得税の還付は受けれますが、

余裕のある5年以内って言っても、

忘れてしまったらそれまでです(;^ω^)


なので、

パターン②のタイミングのお客様へは

基本的にお客様へ「b」を選ばれるように、

おススメしています☆


ちなみにお客様から聞いた話ですと前置きしますけども、
県税事務所さんに電話して聞くと、
「a」のとりあえず払っておく方が良いですよ!って言われたとのこと。
どういうことでしょうね(笑)




「b」の手続きについて、

ちょいと書きたいことがあって、

書き出しましたが、

長くなっちゃったので、

明日に続けます。
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR