明日から民法改正!

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の方は、こんにちは!

矛盾を感じる、、、「とどろき」です。


テレビを見てて、

同じ局の中で、

ある番組では「桜の開花状況・お花見スポットの案内をしている」のに、

別の番組では「花見をしている方を責めるようなインタビュー」を放送してて、

「節操無いなぁ」というか、

「なんかなぁ」って気持ちになっちゃいます。。。


200331.jpg
太ももを合わせっぱなしは疲れますね(笑)


と、

本日で、今年も早3月の終わり!


明日から新年度が始まりますが、

同じく明日から民法の改正が施行されます!


実はこの改正、

民法制定以来約120年ぶりに債権部分を抜本的に見直すらしく、

改正項目は約200項目だそうです(;^ω^)


で、

その中で、

賃貸の変更項目を一つ取り上げておきます!


私が気になったのは、

連帯保証人さんの責任の上限が設定されたこと!


今までは、

借りた人が家賃滞納、室内の汚損等あれば、

いくらでも連帯保証人に請求出来たもの(?!)

そもそもの最初の契約時に、

「いくらいくら円までしか責任持ちません」ってのを明記しないと、

保証自体が有効とされないってことなんです(;゚Д゚)アセアセ


ちなみに、

金額を明記しないと保証が有効にならないってことで、

貸す側からしたら、上限無い方が良い訳ですからwww、

上限を1億円とかにするのも不可!


基本は「月額家賃の1年分を目安にしなさいよ」となってて、

しかも、

「保証は家賃の12か月分」という記載は駄目で、

「保証は〇〇万円」と金額の記載が必要となるそうです。


あくまで個人的見解ですが、

これは、

連帯保証人さんがいきなり超高額を請求されないため、

つまり連帯保証人さんを守る措置にはなるんですけど、

実際、

連帯保証人さんに家賃8万円の物件の所、

「96万円の保証してください。」と明記することになり、

人間心理的に、

何となく保証人になり難くなる気がします(笑)


誤解の無いよう書いておきますが、

こうやって金額を明記することで、

保証人になる方の覚悟もはっきりするでしょうし、

実際に保証人さんを守る仕組みですし、

もめ事が減るのは間違いないと思います(*・`ω´・)ゞ
ただ、保証人のなり手も減りそうだなとwww


まぁ、

実際の運用にあたって、

変更や間違いも出るんでしょうが、

プロの業者として、

お客様にご迷惑をかけないよう、

きちんと勉強しつつ対応せねばですね☆







ってか、

真面目な不動産ネタ書くのが久しぶり過ぎて、

なんか変な感じします( ´艸`)
↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR