買う前にちゃんと見ないと・・・。不動産投資もやってます。でも儲かってません。_10

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

いつまで続くか、「とどろき」です。


ちょっとジョギングを始めました。


目標がないと続かないと言いますが、

今のところダイエットの目標もありませんし、

マラソンに出ようとも思っていないので、

ゆるーく続けてみようと思います♪


写真 2014-12-26 8 21 30
こいつらは、いつもゆるーく居ます☆


昨日の続きで、

2件目の家を買った後に分かった、

ちょいとした問題の話です。



売主さんが引っ越しをされて、

リフォームの打ち合わせで空き家になった家に入ったんです。


そこで発覚したんですが、

リビングと和室の間に3枚の「襖(ふすま)」があり、

閉めようとしても1枚分だけ閉まらないんです!













築10年ちょっとのマンションですよ?!


築30年超えているマンションでも

戸建でも築10年の段階で

建具が引っ掛かるってことはほとんどないのに?!



買う前の段階で内覧をさせていただいた際に

売主様の荷物の量が半端じゃなく、

またマンションでこんなことがあるって想像していなかったので、

建具の開け閉めをしていなかったのが、

失敗でした。



とりあえず良かったのは、

建物が傾いているのではなく、

元々の施工と使い方が悪くて、

天井側の壁が落ちてきているのが原因のようでした。


リフォーム時に襖の上を削ってもらい対応しましたが、

ひっかかりは完全に解消できず、

未だにちゃんと閉まりません・・・。



お客様には「建具の開け閉めはして下さい」ってお伝えしているのに、

自分の家でしなかったのは「築10年のマンションで引っ掛かることは無い」って

思い込んでいました。



皆さんが家を買うために

居住中の家の内覧をする時は

売主様がいらっしゃることが多いかと思いますし、

開け閉めするのに気を使う必要はありますが、

きちんと確認させていただいた方が良いって話です。




あ、私は値段交渉したので「しませんでした」が、

この襖が閉まらない件は契約書に記載されていなかったので、

売主さんに補修工事を請求したら払ってもらえた可能性はあります。


大体、不動産でトラブルになるのは、

売主様が「売りたいがために知っていることを黙っていて、後から発覚する」ケースが多いので、

もしもあなたが売主様だったら正直に告知した方が良いですよ。


もちろん、売主様も住んでても分かっていないこともありますので、

あなたが買主様の場合、

売主様を一方的に悪役にせずに

ケースバイケースで話合いをするべきですからね。


このカテゴリの次回は自宅のリフォーム内容書きます☆
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR