個人の信用情報について_3

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

地域によって業者さんの対応が違いますね、「とどろき」です。


まぁ、エリアが違えば

当たり前ちゃ当たり前なんですが、

ちょっとエリア外の物件問合せをしたところ、

「両手じゃないと仕事しないって会社で決めているので、

おたくには物件紹介できません」って言われました。


売主さんは自身が任せた業者さんが

自社の利益のために買主を断っているような

そんな業者って分からずに任せているんでしょうが、

3カ月近く経っているようだったので、

改めて

本当にお客様のことを考えていない業者って多いんだなぁと思います。


このブログを見ている人は

そんな業者さんに引っ掛かっちゃダメですよ!

DSC01988_1.jpg
トライアングルです☆


前回書いた通りに、

個人情報以外の条件(年収等)が問題で

住宅ローンの審査が通らない場合は

金融機関を変えることで審査が通ることがあります。


が、個人情報が問題で審査が通らない場合は、

基本的に金融機関を変えても住宅ローンは通らないことがほとんどです。


また信用情報を管理している機関はただ個人情報を集めているだけで、

その個人情報に問題があるのか、問題が無いのかって判断するのは

保証会社ですってのは、前回に書いた通りです。


じゃあ、

金融機関はどんな状態の個人情報が問題だと考えるのかってのを

今日は具体的に良く質問を受ける

「何回ぐらい滞納があったら住宅ローン審査が厳しくなるか。」

「税金・光熱水道費の滞納があったら、借りれなくなるのか。」

ってのを踏まえて書いていきます!



「何回ぐらい滞納があったら住宅ローン審査が厳しくなるか。」


これは結論から書くと「3回」です。


金融機関によって差はあるでしょうが、

私の知っている範囲の地方銀行さんは

住宅ローンに関しては3回程度、滞納があったら

基本的に貸さないそうです。


これは本当に気を付けてくださいね。


クレジットカードを作って、

支払方法を口座振替にするまでの期間に

支払いは振り込みで行うはずですが、

ちょっと忘れてたってのも滞納で

記録が残っています。


基本的に気を付けるってしかないんですが、

いざ悪気が無く滞納してしまった場合は、

銀行の審査を申し込む時に

金融機関の担当に滞納した事実を伝えておく方が良いです。


どうせ審査が進んで行くタイミングで分かりますので、

申込み時に金融機関の担当に伝えておくと、

担当は融資をしたい訳ですから、

稟議書で上手いこと書く努力をしてくれます。


一番よくないのが、

ばれないだろうと担当者に隠すことです。


上に書いていますが、

どうせばれますので、

隠していたという事実で

印象がより悪くなります。


ということで、

そもそも滞納をしないように心がけるってことと、

滞納したことがある場合は申込み時に隠さずに伝えた方が良いってことです。



ちょいと用事の時間が近づいてきましたので、

「税金・光熱水道費の滞納があったら、借りれなくなるのか。」 は

また明日書きますね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR