越境について。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

タケノコ大好きです、「とどろき」です。


シーズンが終わっちゃいましたが、

タケノコって美味しいですよね☆


その上で、

不動産屋さんとしては

取引予定の土地の隣に竹林があると

ドキドキします。


20150724065107b94
プーマのマークになれますかね?


たまにお客様から質問があるので、

隣の敷地からこちらの敷地に樹木等が越境している場合の

話を書いておきます。


シンプルに書くと

こちらの敷地に越境してきている「枝」なんかは

勝手に切ることが出来ません。


でも、

「タケノコ」や「木の根っこ」なんかは

勝手に切ることが出来ます。



この理由を書いていきますが、

まず基本的な考え方として、

隣の敷地に生えている木は先方の持ち物です。


こちらの敷地に入ってきていて空間を侵害されていても

あくまで先方の所有物なので

民法上、先方が適正に管理して、

越境部分を切ったりする義務がありますが、

所有権が優先されちゃいます。


つまり

先方に「切って下さい」というのは請求できますが、

こちらで勝手に切るのは

相手の所有権を侵害してしまうってことです。



で、

「枝」に対して「根っこ」は

こちらの敷地の上空の「空間」じゃなくて

「敷地」自体を侵害してきます。


ここがポイントになるようですが、

先方の所有権よりも、

こちらの敷地権を侵害されている方が重要視されるので、

勝手に切っても法律上負けないって内容みたいです。


念のため補足しておきますが、

越境してきている根っことはいえ、

根っこをこちらが伐採することによって、

先方の樹木が枯れた場合に

損害賠償請求される可能性がありますので、

いずれにせよ切る前に話合いをした方が良いですからね。


まぁ、

隣が竹林の場合で、

こちらの敷地内にタケノコとが生えてきている時は、

遠慮なくタケノコは切って良いと思いますが。



最後に書いておきますが、

民法上でこちら側に越境している樹木の枝は先方に切る義務があるとしても、

大切なのはそこで生活して行く上で、

お隣近所との関係性の方が重要なのかなとも思います。


ご参考までに。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR