今日は借り換えの話。

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

大野城市にて不動産業をやっています「とどろき」です。


住宅ローンの金利を減らす方法「交渉編」を書いていましたが、

今日は「借り換え」について概要を書いていきます。


「金利交渉」と「借り換え」は、どっちが得か聞かれることがありますが、

私が提案する基本は、「金利交渉」です。

ただし、借り換えも、金利交渉も別にどっちが得ってことは無いです。
ケースバイケースなんです。


単純に金利を交渉する方が、

お客様の手間が減るってだけです。


って書くと、すべて金利交渉パターンで良いように思えますが、

金融機関によっては、

①そもそも金利交渉を受けないケース、

②金利交渉は受けるが新規貸し出しの金利より低くは出来ないケース

ということがあり、借り換えた方が得な場合もあります。


①の金利交渉を受けないケースは「金利を固定している」場合が多いです。

これはどうしようもないので、単純に借り換えです。


②のケースは、言葉だけでは分かりにくいかと思いますので、

具体例を書きますと、

現在の借り入れが金利4%
(こんな金利で借りている方が実は多いんです…。)

12年前に借り入れ、

1500万ローン残有り、

月支払いを約8万円している場合、

今からの合計支払いは2200万越え・・・。



借り入れしている金融機関の現在の新規貸し出し金利が1.5%の場合、

金利交渉をしても1.5%までしか下がらなかったりします。

そうすると交渉して下がったとしても

総合計の支払はざっくり1770万ってところです。
(1500万、金利1.5%、同期間で試算)

400万程度下がっているので、

これでいいじゃんって思うのは甘いです。


今は保証料込みで金利1%で借りることが出来たりしますので、

このケースは借り換えすると

借り換えの諸費用を登記費用と事務手数料概算で30万円と仮定して

借り入れ費用に足して試算したとしても、
(1530万円を金利1%、同期間)

総支払は1710万円ぐらいで済むんです。


60万円の差って大きくないですか?
DSC01999.jpg


知っているか知らないかで、

得したつもりが、もっと得に出来るってことがあるんです。


まぁ、今借り入れしている金融機関によっても、

今のあなたの収入等によっても、

どの方法を取るのが最良が変わってきます。


知りたい方は、気軽にお問合せくださいまし。

いい仕事しまっせ(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR