恐怖!行政代執行_5

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

キズパワーパッドすごいかも、「とどろき」です。


包丁で指先を切っちゃったんですが、

絆創膏じゃなくて、

キズパワーパッドを貼ってみたところ、

きっちりくっつきますし、

水にも強くて良い感じです♪


写真 2015-11-15 17 58 33
顔をうずめたくなります☆


ちまちまと更新しており恐縮ですが、

「恐怖!行政代執行による土地収用・・・。」
「恐怖!行政代執行_2」
「恐怖!行政代執行_3」
「恐怖!行政代執行_4」

の続きです。


という訳で、

計画決定してて、

その道路を通す価値があるとなった場合は、

事業決定します。


そして、

事業決定した場合は、

事業を実施することが決定なわけですから、

基本的に覆りません。


もしも

福岡市のミカン畑の所有者や、

春日市のガソリンスタンド跡地の所有者さんのように

ごねたとしても、

最終的には強制収用されるだけなんです。


まぁ、

公的機関も出来る限りは強制収用はしたくないようですし、

じっくり話し合いするケースが多いみたいです。



実際の流れとしては、

計画決定されているエリアで、

道路を通すことによる経済効果等を検討し、

実施することが前提になった段階で、

地域説明会が実施されます。


そこで、

地域住民の方に事業の必要性なんかを

説明した上で、

事業決定するって感じです。


最初の方にも書きましたが、

事業決定した公共事業に抵抗しても、

高く買い取りしてくれるってこともありませんし
(ってか元々、近隣相場より高いですけどね。)
(私の感覚では1.5倍から2倍ぐらい・・・。)


もしも高く売りつけたいではなく、

本当に住み続けたいってことで、

計画を止めたいとしたら地域説明会の段階で、

地域の皆さんと一致団結して反対するしかないかと思います。


事業決定まで行ってないですし、

別ルートに回避が出来る場合なんかは、

計画が変わる可能性はゼロではないかと。。。


でもまぁ、

地域説明会の段階で、

公的機関もかなりの人件費等をかけて、

進めてきていますので、

基本的には変更等は難しいって理解しておいた方が良いでしょうね。


ちなみに

反対しているのがあなた一件だった場合、

もしもあなたの家を回避するルートなんかに変更出来たとしても、

近所から村八分にされて住みにくくなったりするって聞きますので、

あくまで近隣と一致団結して反対した方が良いですよ!



という訳でまとめますと、

計画決定と事業決定は別物。


事業決定後に反対しても

買い取り金額は上がりませんし、

最後の最後は強制収用されちゃいますよ。


反対するなら

地域説明会の段階で、

一致団結して反対しましょう!!

ってとこですかね☆



ちなみに

普段、当たり前に道路を通っていて、

気にもとめないと思いますが、

元々はどなたかが長年住んで思い入れがある土地だったりかもしれないんです。


その辺りは感謝しておかないとなぁと

改めて思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR