水道の口径

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

ちょいとドタバタ、「とどろき」です。


仕事があるってのは

本当にありがたいことですね☆


写真 2016-05-16 1 06 51
アクビの3秒前☆


今日は新築を建てる方が悩まれる、

水道の口径についてです。


一般的な市街地であれば、

前面道路に水道管が通っているかと思いますが、

今まで家が建っていない土地なんかだと

新築を建てる方自身が水道の引き込みを行う必要があります。


この引き込み自体は

20mmの太さがある配管で実施されるんですけども、

一般家庭であれば、

水道を使用する権利として、

「13mm」「20mm」のどちらかを

選ぶことになるんです。


違いは大きく二つで

①口径が違うことによる水圧の差
及び
②水栓の数に制限有か無しか


①の水圧の差ってのは、

13mmの太さに比べて

20mmの太さの方が水が流れるスペースが広くなりますので、

家の中で一斉に蛇口を開けても、

問題無く水が出ますってことです。


一応誤解の無いように補足しますが、

13mmだと水圧に問題があるって話では無く、

複数同時に利用する場合に

水圧が弱くなることがあるってことです。


で、

②の水栓の数の制限ってのは、

うちのメインエリアである春日大野城那珂川だと、

そもそも契約を選ぶ時に、

水栓の数が7個以内であれば、

13mmの契約で良いんですけども、

8個以上になった場合は、

20mmの契約をする必要があります。


この水栓ってのは、

蛇口だけを指す訳では無く、

トイレ等々を含めた数なので、

・お風呂
・洗面台
・洗濯機
・トイレ×2箇所
・台所
・外用の水栓
↑これだけで7個です。

ちょっと特別な間取り等にしようとすると

簡単に8個以上になっちゃいます。


まぁ、

「20mmで契約しておけば良いんじゃない?」って意見もあるかもしれませんが、

新規での引き込みをする時は、

水道の加入負担金ってのを払う必要がありまして、

13mmの場合で108,000円

20mmの場合で302,400円です。
(春日市・那珂川町の場合)


さらに月々使う水の利用量(1m3)に応じた料金は

13mmであっても20mmであっても

変わりませんが、

基本料金も400円程度(2カ月分で)20mmの方が高くなります。


なので、

8個以上の水栓の場合は20mmを選ばなくちゃいけませんが、

7個以下の場合では特段の不便がない限りは

13mmで十二分だと思います。


ちょいと書きたいことがもう数点ありますので、

次回に続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR