管理費、修繕費の違い

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の人は、こんにちは!

昨晩髪をうまいこと切れて、いい気分な「とどろき」です。


7年程度前に休みなく働いていた時があり、

自分で髪を切るようになりました。


大体、月に1,2回ほどお風呂で、

10分かからない程度で、

仕上げています。


昨日は20分かけて切ったところ、

個人的にはいい感じに仕上がりました!

ちょっと手をかけるって大事ですね☆


そもそも、お客様とお会いする職業なのに

自分で切るなよって突っ込まれそうですが・・・。


IMG_0180.jpg
うちの箱入り娘です。ちょうど良いサイズの箱は捨てれません。



で、

今日の内容は、

マンションの管理費と修繕費についてです。


知っている人は常識じゃんって言われそうですが、

ご案内している時に、

案外、知らない方も多いので、

改めて書いておきます。


まず、

戸建派のお客様から、

「マンションは支払いと別に管理修繕費がかかるから」ってよく言われます。


よくひとまとめにされますが、

管理修繕費とはなんでしょうか?


当然、

管理費と修繕積立費のことですね。



では、

何故わざわざ二つに分かれているのでしょうか?


もちろん理由があります。

管理費と修繕積立費は役割が違うんです。


管理費とは、

マンションの日々の管理である清掃費用・共有部分の電気代、

それにあなたの大切な資産であるマンションの資産価値が下がらないように

修繕の計画なんかを立ててもらっている管理会社さんへ払う費用です。


例えるなら、

掛け捨ての保険料みたいなものですね。
(意味があって払っているけど、手元に残らない。)


マンションで自分の部屋さえよければ良いという方もいらっしゃるかもしれませんが、

全体の管理状態が悪いと資産価値が落ちますので、

自身の部屋の資産価値を落とさないためにも

管理費が高い安いという目線だけでなく、

管理状態を重視した方が良いと思います。


ようは費用対効果で

安かろう悪かろうだと、そもそも資産価値が落ちますので、

管理費に見合った管理をしてもらっているかが大切です。




で、

修繕積立費は

マンションの大規模工事をする際に

大体どのくらい費用がかかるってのが分かっていますから、

その工事費用をみんなで積み立ているってだけの話です。


例えるなら

定期貯金って感じですかね。
(利用予定があり、それに向けて積み立てている)



こうやって書くとご理解いただけると思いますが、

どっちも自分の資産(マンションの部屋)を守るための費用です。


上の方に書きましたが、

戸建は管理修繕費が要らないって考え方は少し違っていて、

戸建であっても家の手入れしないといけないので

同じように費用はかかります。


違いは強制的に積み立てさせられるか、

自分でコントロールできるかって部分だけです。



ここまで見ていただいて

管理費は無駄で、

修繕費が高いのは問題ないって方もいらっしゃいますが、

大切なのはバランスです。


ある程度管理費が高くついても

それに見合った管理であれば問題ないでしょうし、

いくら管理費が安くても

何もしてくれないなら意味が無いでしょう。


私はマンションに住んでいますが、、

今年マンションの大規模修繕の委員に立候補しています。


委員に立候補するのは初めてですが、

自分の資産が無駄にならないように

きちんと見極めながら

勉強してみようと思います。



そのうちマンション管理のネタも書きますが、

家を買った後に自身の資産に無関心な方が多いかと感じています。


もし良かったら、

マンションの管理組合の話し合いには参加してみて、

払っている費用が適正な価格で、

適切な管理をしてもらっているかをチェックしてみてください。


ご自身のために良い勉強になると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR