「自主的」&「好きになる」ってこと

初めての方は初めまして。

二度目の人は二度目まして。

三度目以上の方は、こんにちは!

ちゃんちゃんこの季節ですね、「とどろき」です。


ケチな省エネ推進な私は、

暖房器具というより、

ちゃんちゃんこを愛用しています。


また、

年中メガネをかけていますし、

お客様とお会いしない日は髭も剃りません。







ふと鏡を見たら、

昔のアニメ「キテレツ大百科」に出ていた

勉三さんがそこに居ました。。。


写真 2017-12-01 9 54 25
ドラマ化の折には、私に声がかかりそうダス~(笑)


で、

勉三さんスタイルでお送りする

今日のブログはちょっと真面目系。


ありがたいことに、

色々とご飯にお誘いいただく友人が多く、

12月は太ってしまう季節ってぐらい、

いつも楽しくご飯に行っているんですけども、

その中でちょっとだけ残念な気持ちになっちゃった話。


まぁ、

よく聞く話な気もしますが、

会社員の方で、

「仕事が嫌で嫌で仕方ない」って話があったんです。


(今日のポイントは「会社」じゃなく、「仕事」ってところ。)


よく聞く話でしょうし、

会社員でなくなって、

一人で商売している私が言うと角が立ちそうですが、

すごくもったいないなぁと思うんです。


最近読んで分かりやすいなぁと思った、

ある例え話を引用させて頂くと、

----------------------------------
山登りの好きな人は険しい山にも自ら進んで出かけて行きます。
そして、それは生きがいにもなっています。

しかし、誰かの命令で高い山に登らなければならなくなった山の嫌いな人にとって、
山登りは苦痛以外の何ものでもないでしょう。

二人の違いは、それを自主的に行っているかどうか、
また山が好きかどうか、によっています。
----------------------------------

この例え話の二人の違いは、

「自主的」なのか、

「好きな事をやっている」のか、

この2点だけですよね?


例え話の短い文章の中でも、

どんなに大変な山であっても楽しそうに上っている人と、

ハイキングレベルの山でも楽しくなさそうな人と、

両方とも想像が出来ませんか?


人間関係が上手く行ってないとかの話は

また別問題ですが、

仕事そのものが楽しくないってのは、

すごくもったいないと思います。


「仕事って、金を稼ぐ手段である。」とだけ考え

仕事していると

自分自身を好きになりにくくなるでしょうし、

また成長もしにくいでしょうし、

何より人生楽しくないじゃないですか!!


で、

もちろん、

「自主的」で「好きな事」の2つとも揃うってのが、

最高だと思いますが、

まずは意識をしてみると

どっちか一つだけでも手に入れることが出来そうって思いませんかね?


今やっている仕事そのものは変えられなくても、

「自主的」に動くって考えれば、

色々出来そうなことあるはずなんです。


例えば、前書かせて頂いた「お茶くみの記事」等々


また、

自主的に動くってのが思いつかなくても、

「好きになる」ってことは

まさに自分の意識の持ち方で変われるはず!


今が楽しくて楽しくて仕方ないって方には、

今日の記事は不要だと思いますが、

もしも、

あなたが「仕事そのもの」に不満があって、

でも

何から変えたら良いか分からないって場合、


仕事を変えるのではなく、

相手を変えるのでもなく、

まずは自分の意識の持ち方を、

「自主的」もしくは「好き」って変えてみると、

人生より楽しくなるかもしれません(-∀-)タマニハ イイコトモ カイテオカナイト。







まぁ、万一の話で、
あなたが自身の心根を裏切るような
人を傷つける仕事をしている場合は、
「自主的」にも「好き」にもなってほしくないですけどね(・Д・)その場合、転職をおススメしますよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

↓過去記事検索はこちら↓
プロフィール

とどろき

Author:とどろき
福岡県大野城市在住、
春日市・那珂川町近隣にて
不動産をメインにお仕事中!

特に住宅にまつわる、

失敗しない買い方、
失敗しない売り方、
住宅ローンの支払を減らす方法、
家を買う時にするべきこと、

を中心に

人生で何度も経験することじゃないので、
知らなくて当たり前ですが、
知らないまま進めちゃ駄目ですよ!

ってな感じで、相談受付やってます。

初めての方は
企業概要・理念
自己紹介
仕事内容
行動指針
ロゴの話

会社ホームページ

ぜひ一度見て下さい!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR